人気キーワード
  1. コロナウイルス
  2. 遊タイム

喫煙と新型コロナウイルスの関係 その実態と喫煙者が気を付けるべき点とは

加熱式たばこを含む喫煙は、新型コロナウイルスの感染とその重症化の原因と世間では言われています。

しかし現在全世界で猛威を振るっている新型コロナウイルスによって発生した死傷者や重症患者のうち何パーセントが喫煙者なのかという数値は示されてはおらず、私は喫煙者の気持ちに十分に刺さってこないと思います。私自身、以前はタバコを吸い1日に2箱は消費していた経験から喫煙者の心境はよくわかります。やはり喫煙に対し都合の良い話はよく耳に入ってくるものです。

ここで喫煙が新型コロナの感染とその重症化にどのように関係しているのか考察します。

タバコ販売会社の見解

販売会社であるJT(日本たばこ産業)はこうコメントしています。

「新型コロナウイルスによる肺炎については、報告された科学的な調査結果などが限られており、喫煙と重症化との関連のみならず、感染経路や重症化のメカニズム等、多くの情報について未だ明らかになっていないものと承知しております。・・・このように、科学的な根拠となる情報が十分でない中で、喫煙と新型コロナウイルス感染や重症化との関連性を結論付ける、あるいは対策や方針を打ち出すことは時期尚早であり、今後の更なる調査研究の進展を注視していく必要があるものと考えます。喫煙と新型コロナウイルス感染や重症化との関連性については、WHO(世界保健機関)も科学的な調査結果が限られていることにより、未だ明確になっていない、との見解を示しているものと承知しています。」

各団体の見解

喫煙を反対する立場の団体や医療団体の声明をみてみましょう。

日本禁煙学会

「新型コロナ感染症で死なないために紙巻きタバコも電子たばこもやめましょう」

「(日本禁煙学会ホームページ)

国際結核肺疾患連合

「新型コロナウイルスに対抗する最善策は、たばこ業界が直ちにたばこの生産とマーケティング、販売を停止することだ」(3月6日)

東京都医師会「重症化しないようタバコはやめる」(医師会リーフレット『新型コロナウイルス感染症対策について』)

各団体の声明を見る限り、「明確にはなっていない」とするJTの間接的な発言とは異なり明確に断言をしています。

やはり前述したJTのコメントにある世界保健機関(WHO)の見解についてみてみましょう。新型コロナウイルス関連の報道でお馴染みとなった機関です。

2020年3月20日に開かれたWHO事務局長談話の記者会見の場で「タバコを吸わないでください。喫煙は、あなたがCOVID-19にかかった際に重症化させるリスクがあります。」と呼び掛けています。

喫煙と新型コロナウイルス感染の関連性

では喫煙と新型コロナウイルスの感染がどのように関連するのか。

これについて各団体が理由について述べていますが、WHOの表明が一番分かり易いので取り上げます。

「喫煙行為は指(および汚染された可能性のあるタバコ)が唇に接触し、ウイルスが手から口へ伝染する可能性を高めるため、喫煙者はCOVID-19に対してより脆弱である可能性があります。喫煙者は、すでに肺疾患を患っているか、肺容量が低下している可能性があり、深刻な病気のリスクを大幅に増加させます。酸素の必要量が増加したり、体がそれを適切に使用する能力が低下した状態では、肺炎などの深刻な肺疾患のリスクが高くなります。」

(WHOホームページ 新型コロナウイルスに関するQ&A)

この内容を簡単にまとめますと

①喫煙者はニコチンの影響で肺機能が低下し酸素の必要量が増加します。

②喫煙行為は手で唇を接触する可能性があり感染リスクが高まります。

喫煙者は肺が弱っているので肺炎になりやすいという事は証明されています。

そして、アメリカの医学雑誌「The New England of Medicine」によると非喫煙者に比べ、喫煙者あるいは過去に吸っていた人は新型コロナウイルスに感染した場合の重症化リスクが1.7倍。しかも人工呼吸器をつけなければいけないほどの重篤化や死亡リスクは約2.9倍になるといわれています。

これについては、報道などでも知らされている通りマスクと同様人工呼吸器の在庫数が絶対的に足りない現状の中、いかにリスクが高いかが分かるでしょう。

最後に、喫煙スペースでの感染リスクについて述べると、やはり狭い空間は飛沫感染と喫煙所のドアに触れてその手でタバコを唇に近づけて吸う事によりそこから感染するリスクがあると言えるでしょう。

冒頭にも触れました通り、私はタバコをやめたくない喫煙者の気持ちは良く分かりますし、今でも心の中では愛煙家だと思っています。

しかし、新型コロナウイルスが蔓延する今の時期に、もう一度そのリスクについてしっかりと理解をし、十分に気を付けながら喫煙をしていただきたいと思っています。